スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ついに・・・
バットが折れました!!

何の事か・・?

ストレングス工房では、腹筋や脚、肩・腕周りの強化として、打撃を与えるトレーニングを当たり前のように行っています。

打撃に負けない体を作るとともに、打撃が当たる瞬間に一瞬で体を固める、全身の体の抜きを保ちながら当たるポイントだけを固める、などを目的として、日々選手は打撃に耐えながらトレーニングしています。

特にコンタクト系のスポーツにおいてはとても重要な事で、まず当たり負けない強さを作ること。また相手と当たる時に常に身構えて体を硬直させている状態では、良い動き・パフォーマンスは期待できません。常に力を抜いた状態を保ちながら柔らかい動きを目指し、相手と当たる瞬間だけ全身を固めて爆発的な力を発揮する能力が必要とされます。

そこで使用するのが、先端を加工した工房特製バット。

人間を叩ける程のクッション性と体の表面にフィットする程の厚み・幅を作り出したものです。

硬すぎず柔らかすぎず、でも叩かれたらある程度は痛い、そんなバットです。


下の写真が、その特製バット。(折れてます)

class="pict"

日々、選手のトレーニングの場で活躍し、人間の体に衝撃を与え続ける事でバットにダメージが蓄積、そして先日の指導現場でついにバットが折れた!!

バット打撃に慣れている選手では、ほぼフルスイングでの打撃に耐える事も可能で、このバットが折れた(折った?)時の大学ラグビー選手は、もちろんフルスイング、同じ時間帯にトレーニングしている現役空手チャンピョンも驚くほどの打撃を当たり前のように体に受けています。

鍛えれば強くなるものです。

そして、次のバットが折れるまでにどれくらいの期間を要すか。。







| 指導日誌 | 15:57 | comments(12) | trackbacks(138) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE