<< 慶応高校 6年ぶり春季県大会優勝 | main | 6年ぶり!!関東大会決勝進出  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
慶應高校アメフト部 関東大会ベスト4へ
慶應高校、堅守で日大三高にシャットアウト勝ち!!

【関東大会2回戦 於:アミノバイタルフィールド】 
 慶應高校 10−0 日大三高
(神奈川1位)    (東京3位)

高校アメフト界では、随一のフィジカルを誇る日大三高との一戦。トレーニングを指導する者としての一番の見所は、慶應ラインズがどれだけ日大三高の大型ラインズに対抗できるか?トレーニングの成果が試される試合だった。

試合を通して、慶應ラインズは予想以上に三高ラインズと対等に戦っていた。オフェンスラインでは、パスプロテクション・ランブロックともに相手に圧倒される場面は少なく、ディフェンスラインもスクリメージラインを支配される事なく、インサイドのプレイを十分に止めていた。

その結果、オフェンスは完全にボールコントロールし・ディフェンスはターンオーバー3つ、シャットアウトする形で勝利を収めた。

決して恵まれた体格を持つとは言い難い慶應ラインズ陣の頑張りを目の当たりにして、一トレーニング指導者として、ウエイトトレーニングの重要性を再認識するとともに、鍛えれば強くなるものだと改めて実感させられる試合であった。

他校と比べ慶應の一番の強みは、豊富なコーチングスタッフ体制である。アメフトに対する理解度・戦略性は高校界ではトップクラスであると言える。あとは、個々のマンパワーをどれだけ強化できるか、にかかってくる。

この勝利に満足することなく、更なる身体強化を目指して取り組んでいきたいと思う。

















| 顧問先報告 | 02:52 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 02:52 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jpf-oura.jugem.jp/trackback/6
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE